横浜地裁平成29年1月30日判決(自保ジャーナル1996号99頁)

見通しの悪い変則交差点付近での、原告バイクと被告車の事故で、被告供述の信用性を否定しつつ、原告に4割の過失相殺を認めた事例 (控訴中) 【事案の概要】   日時 平成24年3月21 日午後1時38分頃   場所 横浜市路 …

東京地裁平成29年11月28日判決(自保ジャーナル2014号1頁)

19歳男子の高次脳機能障害については,7級認定したが、顔面醜状(9級)については、労働能力喪失に結び付かないとして、56%の喪失率で逸失利益を認定した事例 (確定) 【事案の概要】 (1)交通事故の概要    日時  平 …

東京地裁平成29年4月10日判決(自保ジャーナル2014号71頁)

57歳(症状固定時58歳)男子(歯科技工士)による、左母指関節機能障害 8級相当45%労働能力喪失の主張に対し、14級相当、9年間10%の喪失率で逸失利益を認定した事例 (控訴後和解) 【事案の概要】 (1)交通事故の概 …

東京地裁平成29年5月8日判決(労働判例1187号70頁)

東京商工会議所(給与規程変更)事件(確定) 【事案の概要】    被告が、就業規則を変更し、年齢に応じて昇給する「年齢給」等を内容とする年功序列型賃金体系を改め、「役割給」等を内容とする成果主義型賃金体系を導入したところ …